忍者ブログ
「 『せめて、隣に立つことだけは』 」
戦に負けた。
敗者の国はただ一人の姫君を勝者の国に差し出した。
「胸を張ってください」召使は言った。
「そんなの無理よ」鏡の中の少女は今にも泣きだしそうな顔をした。
「これからは王太子妃なるのです。せめて、隣に立つことだけはできるようになりませんと」
召使は少女の頭に冠を載せる。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH