忍者ブログ
「 文中に『手首』を入れて【嬉しい】をイメージした140文字作文を書いて下さい。 」
強風が吹き、梢が揺れる。
木の葉を落とした枝は魔女の指先のようだった。
闇夜に紛れて、影が盗まれても分からないだろう。
少年は少女の手首をつかんだ。
此岸に持っていかれると思ったからだ。
指の腹から、少女の脈拍を感じた。
それが生命の拍子だということに安心した。
少女は消えたりしない。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH