忍者ブログ
「 『目をあわせたその一瞬、』 」
目をあわせたその一瞬、心が恐怖でいっぱいになった。
柔和な笑顔の下に千本以上の短刀が並べられている。
口元は笑っているのに、目が笑っていない。
どうして気づいてしまったのだろうか。
知らなければ公平に配られる親切の中で泳いでいられたのに。
相手もこちらが気づいたことを知ったようだ
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH