忍者ブログ
「 『選択が間違っていることを知った』 」
僕の知らない人と君は楽しそうに笑っていた。
それはとても幸せそうな光景で、僕は声をかけることができなかった。
僕の知らない君の横顔。
僕は選択を間違っていることを知った。
君は優しくしてくれる人が必要だったのだ。
僕のように冷たい言葉しか話せない人物は不必要だった。
それを思い知る
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH