忍者ブログ
「 『硝子のような片想い』 」
透明で、さわるとひんやりと冷たい。
欠片にふれれば、皮膚を切り裂く。
痛みを伴う恋心。
それはまるで、硝子のような片想いだった。
硝子越しの太陽はあんなにも輝いているのに、硝子を通してみると冷ややかだ。
それは君によく似ている。
好きだという気持ちが強すぎて傷だらけになってしまう。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH