忍者ブログ
「 文中に『二度目』を入れて【心配】をイメージした140文字作文を書いて下さい。 」
最初は置いて行かれたことを少女は怒った。
それ以来、より注意深く青年を観察することになった。
もう二度と心臓を握りつぶされそうな思いを味わないため。
それなのに青年は神剣・神楽と共に姿を消した。
二度目はあっさりとやってきた。
少女は襖を開けたまま、ぺたりと座り込む。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH