忍者ブログ
「 - 」
-
 「さよなら」と告げたら、そこで全てが終わるような気がしたから、私は貝のように口を閉じた。
 私の代わりに携帯電話のアラームが告げる。
 「さよなら」と、君は手を振った。
 もっと一緒にいたいと言えない私は、涙を飲み込み見送った。
 涙は凝って、お腹の中で、真珠になったかもしれない。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

■ Trackbacks
PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH