忍者ブログ
「 『僕らにとっての世界の終わり』 」
君の引っ越し先が決まった。
父親の転勤だから、覆すことはできない。
僕らはまだ子どもで、独りでは暮らしてはいけない。
生きていれば会える。
新幹線で行ける距離だ。
どんな言葉も空しかった。
この別離は、僕らにとっての世界の終わりみたいなものだ。
君が僕の目の前からいなくなる。
悲しい。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH