忍者ブログ
「 『振り返ることもないだろうから』 」
未来を夢見て君は新しい世界へと旅立とうとしていた。
僕は生まれ育った町からでることにできずにいた。
君のように夢を見ることはできなかった。
きっと、このまま朽ちていくのだろう。
「じゃあ」と君は手を振ると、改札をくぐった。
君は振り返ることもないだろうから、僕は別離に涙を零した。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH