忍者ブログ
「 - 」
-
 向かい側の大きな瞳がメニューをひとさらい、でも桜色の唇が紡ぐのはいつもと同じ。
 どんな喫茶店に入っても彼女の注文は変わらない。
 寒い日には湯気が立つホットティー、暑い日には氷が浮かんだアイスティーにミルクをひとたらし。
 「どうして?」と訊いても魔法は解けないかな?

+++

 向かい側の彼の瞳でメニューに穴が開きそう。
 新しくオープンしたカフェで、悩んで悩んでアメリカン。
 次こそ違うのを注文しようと笑うけど、そのセリフ何回目?
 ミルクティーを頼んだ私と貴方はきっと似たもの同士。
 最初に決めたルールに囚われてる。
 魔法の言葉が必要みたい。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

■ Trackbacks
PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH