忍者ブログ
「 - 」
-
君とふれあっていたのに、傷つけあってしまう。
まるでヤマアラシのジレンマのようだった。
いつの日か、ちょうどよい距離を見つけることができるのだろうか。
その時には、僅かなぬくもりを分かち合えるのだろうか。
これ以上、僕は君を傷つけたくない。
毛布のように優しく包みこんであげたい。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH