忍者ブログ
「 『声』と『悲願』、登場人物が『拾う』というお題でツイノベを書いてみて下さい。 」
民衆の悲願を叶う時がきた。
一つ一つは小さな声だ。
それが集まれば政治上、無視できなくなる。
まだ若手の議員が意見を拾う。
丁寧に声を上げ続けた人の元に訪れる。
願いが叶う時がきたのだ。みんなは確信した。
きっと国会に届けられるのだ。
今まで諦めずに運動を続けてきて良かったと思った。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH