忍者ブログ
「 - 」
-
君が夢を語る姿を見るのが好きだった。
夢のために離れ離れになることを知っていても好きだった。
君と同じ夢も見ているような気分になれた。
お別れは思ったよりも早くきた。
本当は笑って見送りたかった。
あれ、どうしてだろう。
今更になって涙が止まらない。
君が思い返す時、笑顔でいたいのに
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH