忍者ブログ
「 『君限定の魔法の言葉』 」
「大丈夫?」と君が声をかけてくれた。
だから僕は「ダメかもしれない」と素直に答えた。
その様子に君は少し驚いたようだった。
でも、すぐさま笑顔を浮かべて僕の手を取る。
「どうすれば元気になれる?」君は訊く。
僕は君限定の魔法の言葉を伝えた。
ちょっと恥ずかしそうにしながら君は言った
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH