忍者ブログ
「 『嫌ってほど好きで、憎たらしいくらい愛してる』 」
「君のことは嫌ってほど好きで、憎たらしいくらい愛してる」と僕は言った。
君はきょとんとした顔でアイスティーを飲んでいた。
「つまり、好きってこと?」君はストローをタクトのように振る。
「自分でも信じられないぐらい好きなんだ。そして、そんな自分が嫌気がさす」
僕は心の底から告げる
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH