忍者ブログ
「 - 」
-
君はそれを「いらない」と放り投げた。
透明で、キラキラと輝く、宝石のようなそれは地面にぶつかった。
いつか壊れるシャボン玉のように、小さな音を立ててそれは壊れた。
一度壊れてしまったそれはそれでも輝いていた。
僕は拾い上げ君に差し出した。
二度と手放さないように傷だらけの『心』を
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH