忍者ブログ
「 『寂しいからそばにいて』 」
猫がすり寄ってくるように少女の手が伸びてきた。
思ったよりも強い力で腕を握られた。
「寂しいからそばにいて」少女の瞳が懇願していた。
少女の孤独には理解があるつもりだ。
しかし状況が悪い。
独り暮らしの少女の元に留まったら流言飛語が広がるだろう。
恋人同士でもないのに名声に傷がつく
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH