忍者ブログ
「 『たとえばの話をしようか』 」
「たとえばの話をしようか」青年は言った。
縁側でふてくされた少女と目が合う。
「君は隣国の姫様」青年の言葉に少女の瞳に光が宿る。
「僕はただの騎士。姫様の護衛を申しつけられた末端貴族」
「それで?」少女は結末を知りたがる。
「この先は思いつかないから、二人で考えよう」と青年は言う
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH