忍者ブログ
「 『きっと幸せだったんでしょう』 」
祖父が亡くなった。
といっても平均年齢を超える年齢だった。
祖母が亡くなってから、独り暮らしを満喫していた。
これといって大きな患いもなく、診断も老衰だった。
明るい通夜になった。
棺の側を離れようとしない犬型のロボット。
忠犬のようだった。
きっと幸せだったんでしょう。
誰かが言った
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH