忍者ブログ
「 『あくまで僕が、あなたを愛していたいんです。』 」
生まれ落ちた瞬間に、定められた婚約者と離宮で暮らしていた。
優しい婚約者はどんな願いも叶えてくれた。
成人したら婚姻を結ぶ。
その日が来るのを指折り数えていた。
しかし、運命は転換する。
婚約者は暗殺された。
新しい婚約者があてがわれた。
「あくまで僕が、あなたを愛していたいんです。」
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH