忍者ブログ
「 『忘れて、なんて残酷だね』 」
「欲しいものがあるんだ」と幼なじみが言った。
普段から欲の少ない少年には珍しいことだった。
「何が欲しいの?」地元の大学に進学を決めた少女とは違い、少年は上京する。
餞別代りに欲しいものがあるなら、何でもあげたい気持ちだった。
少年は少女にキスをした。
「忘れて、なんて残酷だね」
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH