忍者ブログ
「 『ねえ、好きだって知ってた?』 」
君は僕のことをどれだけ知っているのだろうか。
いつもの喫茶店でいつものように話をしていた。
「ねえ、好きだって知ってた?」興味が湧いて尋ねてみた。
アイスコーヒーの氷が溶けて、カランと音を立てた。
君は大きな目をさらに大きくした。
「出会ってから、ずっと君のことが好きだったんだ」
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH