忍者ブログ
「 『覚めた夢の続き』 」
覚めた夢の続きを見ているのかと思った。
隣に君が座っていて、一緒に庭を眺めていた。
他愛のない世間話をして、茶菓子をつまむ。
どこまでもありふれた日常のような夢だった。
夢の中には悲しみも、苦しみもなかった。
瞬きをしても消えはしない。
夢じゃないことが嬉しくて、それをかみしめる。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH