忍者ブログ
「 文中に『沈黙』を入れて【哀しい】をイメージした140文字作文を書いて下さい。 」
二人最後の夜。
別れの言葉も、門出の言葉もかけられなかった。
それでも離れがたかったから、黙って空を見上げていた。
横たわる沈黙は重い。
何か話そうと思うのだけれども、こんな時に限って舌が固まってしまったようだった。
時間だけが過ぎていく。
焦れば焦るほど心臓はドキドキと緊張する。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH