忍者ブログ
「 『世界ごときに、渡してたまるか』 」
僕が彼女のもののように、彼女は僕のものだ。
この出会いが運命をというもので仕組まれていたとしても。
別れまで運命に殉じることはない。
僕との彼女の終わりは二人で決める。
世界ごときに、渡してたまるか。
彼女ひとりで救われる世界なんてものはクソくらえだ。
僕はいつまでも一緒にいるよ。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH