忍者ブログ
「 - 」
-
君と過ごす春夏秋冬は特別なものでした。
かけがえのない、とはこういう時に使うのでしょうか。
共にあれた時間は幸福の詰め合わせボックスをもらっていたようでした。
どんな記憶も君がいました。
それはとてつもないほどの幸運だということを今になって知りました。
宝物として取っておきます。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH