忍者ブログ
「 『幸せになって、なんて嘘だよ』 」
離れていく君は輝いて見えた。
僕の隣はそんなにも居心地の悪いものだったのか。
そう思い知らされた。
別れの季節は、すぐ傍にあった。
僕は必死にしがみついたけれども、君は離れていく一方だった。
だから僕は見送る決意をした。
幸せになって、なんて嘘だよ。
魔法がかかってしまえばいいのに。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH