忍者ブログ
「 『君限定の魔法の言葉』 」
どこにでもある言葉。
日常で交わされる言葉。
それが君が言うと違って聴こえた。
だから僕も君限定の魔法の言葉を言うよ。
君の耳元で優しくささやくと、君の頬はリンゴのように赤くなった。
まだ僕たちには早すぎる言葉だったのかな?
でも、いつももらってばかりだからお返しをしたかったんだ。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH