忍者ブログ
「 - 」
-
幸せだと思っていた。
それは信仰にも似た感情だった。
手放してしまったら、二度と手に入らない。
そんな感覚だった。
けれども砂上に築き上げた城が簡単に崩れ落ちるように、あっけなく真実を突きつけられた。
眼を背けたくなるような光景だった。
笑い話にもならない。
幸せはどこにもなかった。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH