忍者ブログ
「 - 」
-
それは「運命」という言葉で表すには、少しばかり感傷的なのかもしれない。
いくつもの喪失を経て辿りついた先には虚無だけが漂っていた。
何が欲しかったのだろう。
どこへ行きたかったんだろう。
目的すら忘れて歩いた道を振り返る。
傷つけられた心が叫んでいる。
いつか描いた夢とは違う結果に
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH