忍者ブログ
「 『知ってたよ、君の答えは』 」
君を好きになってから、どれぐらいの月日が流れただろう。
君のことを考える時間は増えていった。
ずっと仲良いの良い友だちでいられたら、どんなに素敵だっただろう。
でもそれだけでは我慢ができなくなっていった。
だから僕は告白した。
「ごめんなさい」と君は言った。
知ってたよ、君の答えは
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH