忍者ブログ
「 『夢の君は、笑っていたのに』 」
今日も君を泣かせてしまった。
夢の君は、笑っていたのに。
どうして上手くいかないのだろう。
いつでも君には笑顔でいて欲しいのに。
それなのに現実は厳しい。
君は笑顔の数よりも泣き顔の方が見せるほうが多い。
どうすれば夢の中のように笑ってくれるのだろう。
非力な僕は神様に願ってばかりだ
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH