忍者ブログ
「 『きっと幸せだったんでしょう』 」
涙を零したことも、夜眠れないほど不安になったこともなかった。
楽しかった記憶しかなかった。
それを語ると「きっと幸せだったんでしょう」と言われた。
確かに、それは幸福だった。
過ぎてから気がつく。
キラキラと輝く想い出を携えて、今日も生きる。
また幸せな日々がくるときまで。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH