忍者ブログ
「 『愛してる愛してる、愛していたかった』 」
まるで魔法の言葉のようだった。
愛してる愛してる、愛していたかった。
気がつけば君を縛りつけていた。
誰よりも自由が似合う君だから、魔法の言葉はこれでおしまい。
いつまでも一緒にいたかった。
でも「さよなら」だ。
二人で過ごした時間は想い出という言葉の中で永遠に煌いている。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH