忍者ブログ
「 - 」
-
静かに時が刻まれていた。
秒針が何週したことだろう。
見つめあっていた。
吐息すら感じる距離だというのに、鼓動は平時と変わらない。
小さな手が細い喉元へと導く。
「このまま力をこめてください」とか細い声が言った。
「疲れました」と言葉が続く。
温かなぬくもりを手のひらに感じる
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH