忍者ブログ
「 - 」
-
「お元気で」と手を振ってくれた君。
無性に抱きしめたくなって荷物を放り投げた。
走って小さな背を抱きしめる。
「卑怯ですよ」と君は涙混じりの声で言った。
「本当は最後まで笑顔で見送るつもりだったんですよ」と君は言った。
どうしてこんな愛しい存在を置いていけるのだろうか。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH