忍者ブログ
「 『「恐る恐る、指先をぎゅっと握る」キーワードは「思い出」』 」
夜が更けた頃、襖を開ける音がした。
うつらうつらとしていた青年は瞬時に目を覚ます。
起き上がると、一番下の弟がいた。
「ごめんなさい」弟が言う。
青年はそれだけで用件を把握した。
手を差し出せば、恐る恐る、指先をぎゅっと握ってくる。
独りで暗い廊下を歩くのは怖いものだ。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH