忍者ブログ
「 題材[沈んだ,満月,背負う,動けない]三人称でやってみよう! 」
満月が皓皓と輝く夜だった。
彼女の双眸は沈んだ太陽のような色をしていた。
「もう動けない」と彼女が弱音を吐いた。
歩き通しで疲れが出たのだろう。
わずかな希望に縋っての逃避行だった。
立ち止まるということは死を意味をしていた。
彼は彼女を背負う。
ぐらつきながら歩き出した。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH