忍者ブログ
「 文中に『二度目』を入れて【不思議】をイメージした140文字作文を書いて下さい。 」
綿菓子でできた雲の上を歩いているような気分だった。
一度目は偶然かもしれないけれど、二度目は必然という。
なら、映画のチケットが余ったからというデートの誘いは必然。
彼が私と同じ想いを抱いているのだろうか。
面映ゆいような、くすぐったいような気持ちになる。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH