忍者ブログ
「 題材[洞窟の奥の,口笛,待つ,また然り]ファンタジー風やってみよう! 」
彼は洞窟の奥の玉座に座っていた。
口笛を吹きながら、その時を待つ。
この重苦しい玉座から解放させれる瞬間を。
彼は孤独に慣れていたが、孤独は好きではなかった。
勇者と呼ばれる者が現れることをただ茫然と待つのは退屈であった。
待つことしかできない事実は、また然り。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH