忍者ブログ
「 - 」
-
少年は少女と出会ってから、見つめ続けていた。
春夏秋冬、巡る季節の中で真っ直ぐに見つめ続けていた。
指先一本触れずに、ただただ見つめ続けていた。
少女が振り返ることはなかったけれども、少年は満足していた。
毎日、飽きもせずただ一人の人として見つめ続けていたのだった。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH