忍者ブログ
「 「神様」「苺」「正義の物語」を使って創作するんだ!ジャンルは「指定なし」だよ! 」
「神様が依怙贔屓するのだから、正義の物語なんて存在しないのよ」と少女は言う。
鍋でことことと苺を煮ながら。
砂糖のとろける甘い香りがしてきた。
「桃太郎だって鬼は何も悪いことしていないのに成敗されるでしょ」少女は木べらで苺を混ぜる。
「正義はどこにもない」と少女は言う。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH