忍者ブログ
「 『「堂々と、両手に触れる」キーワードは「思い出」』 」
昔は遠慮なんてなかった。
堂々と、両手に触れていた。
今はそんなことできない。
思い出の中の彼女は、僕より背が高くて、頼りになる親分だった。
僕は彼女の後ろをついて回っているもやしっ子だった。
今は僕の方が背が高い。
彼女の手を握りたいと思っても、なかなか行動に移せない。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH