忍者ブログ
「 - 」
-
 ある日、僕の小指の先に赤い毛糸が結ばれていることに気がついた。
 もしかして今までも合ったのかも知れないけれども、気がついたのはさっきだった。
 赤い毛糸は足元でうねうねと溜まった後、どこかへ続いていくようだった。

 僕は気になって毛糸を手繰り始めた。
 くるくる毛糸は毛糸玉、真ん丸になっていく。
 それでも終わりが見えそうになかった。
 どこまで続くのだろうか。
 それとも途中で、途切れてしまうのだろうか。
 わからないから、面白かった。

 赤い毛糸玉が真円になって抱えきれなくなりそうになった頃。
 十年以上、経った頃。
 同じように赤い毛糸玉を持っている女性がいた。
 「「初めまして」」「僕は――」「私は――」
 こうして運命の人に出会った。
PR
■ Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Color
Secret?
Pass
Comment Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

■ Trackbacks
PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH