忍者ブログ
「 140文字の言葉 」
-
僕が好きな曲を君が好きで嬉しい。
一つずつ共通点が見つかっていくのが楽しい。
僕は一人じゃなかった。
君も一人じゃなかった。
そんな証拠のような気がするから。
PR
-
君を愛していると何度でも叫ぶよ。
君に届くまで、何度でも言うよ。
愛している。
そう伝えることを恥ずかしがっていてごめん。
何度でも謝らせてよ。
君を愛しているんだ!
君だから、そんな君だから僕は愛しているんだ!
-
あなたの足音は幸せリズム。心が弾む。
-
二つあるものなら一つずつ。
一つしかないものなら半分こ。
あなたにあげられることが嬉しい。
君からもらえることが嬉しい
-
 僕たちの気持ちを不完全な愛だという人もいるだろう。
 それでいいじゃないか。
 完全な愛なんて神様ぐらいしか持てないのだから。
 黄昏の底に沈みし時代のこと。
 今は遠く、新月の闇に落ちた刻。
 彼が在りし日々、時間は日輪のごとく赤々と輝いた。
 紅葉よりも鮮やかな血と怨嗟に彩られた彼の歩みし結末は、神の怒りを買ったのか、御座には爪先分足りなかった。
 彼の腕は伸ばしたまま、失われたのである。
 太陽は星のごとく落ちた。
-
経験したことがわからない。
想像することはできるけど。
でも、きっと、その想像したことよりも、ずっとずっと辛いことなんだって、そんなことしかわかれない。
-
恋はどんなもの?

甘い甘い毒のよう。
飲み口の良い味がして、体を蝕んでいく。
それは舌が麻痺するほど甘い毒のよう。
-
 大切なものについたものであれば、ささやかな瑕疵であっても、それは許せないものだよ
-
 過去と同じ現在なんてないけれど、経験が裡に爪を立てながらささやく。
 「大丈夫だ」と。
-
 絶望している暇があるなら、立ち上がれ。
 何も考えなくてもいい。
 ただ俺が言う方向へ走り出せ。
 責任ならお前の分まで、後で取ってやる。
-
 叫びだした世界は止まらない。
 シナプスが灼ききれるほど加速する。
-
 二人で幸せになる、と約束する。
 私を幸せにしてもらうのでもなく、あなたを幸せにするのでもない。
「二人で幸せ」になる努力をすると誓う。
-
 僕らは目に写らないものを見ようとして、見えない代わりに数字を見ている。
 本当に欲しいものはそれではないというのに。
-
 過去の私が後押しする。
 未来に向かって。
 時は分断されたものではなく、一直線に「今」に繋がって、遥か先まで伸びているのだ。
PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH